20~30年前のバブル期の保険業界は保険商品のラインナップが十分にあるとは言えませんでした。しかも、各社、全く同じ保険が販売されていた時代があったそうです。そんな売り手(保険会社)ファーストの時代もバブル崩壊後に終わりを迎え、金融商品の一斉自由化が始まり、各保険会社の自助努力によって独自の保険商品が販売されるようになりました。

その結果、自由競争が起き、保険の機能がより合理化されていきました。また、合理化による保険料の値下げも実現となり、買い手(顧客)ファーストの時代が到来しました。顧客の家族構成や将来の教育ビジョンなどに合わせて、保険の「見直し」がより身近となりました。

例えば、以下のマンガをご覧ください。

minaoshi

どうですか?このケーススタディはまさに保険の合理化と言えます。大切なことは保険も日々進化しており、状況に応じてそのカタチを変える必要があります。

また日々情勢も移り変わりますので、自分や家族にぴったり合った保険をチョイスするのがベストです。ご自身の保険をオンリーワンにしていきましょう。