30代から40代の世代は、以前とは体型も変わり、体の不調も徐々に出始めてくる頃だと思います。また働き盛りということもあり、過度なストレスのため生活習慣が悪化しやすい年代であると言えます。生活習慣病の中で圧倒的に多いのが、「がん」です。がん細胞は誰でも持っていますが、生活習慣が乱れてくると免疫機能が低下し、「がん」に罹りやすくなるそうです。

そこで必要なのが『がん保険』です。特に若い世代は一度がんに罹ってしまうと、細胞分裂が早い分、転移や進行が非常に速いと言われています。特にステージ4になると、余命のことを真剣に考えるという話を聞きます。そんな時、しっかりとした治療を希望される方は『がん保険』をお勧めします。

一方で、治療しないことを選択する方もいます。余命宣告され、残りの余生を楽しみたいと思う方もいて、人生観はそれぞれですね。その場合でも、「がん」と診断確定された場合、まとまったお金を一度に受け取ることができます。ちなみに一時金の使途は人それぞれです。治療費に限らず当面の生活費や、はたまた旅行費に充てるという方もいます。

いずれにしても、自分の人生観に照らし合わせて、自分なりの『がん保険』を組んでみることが大切ではないでしょうか?

igan

三大疾病による介護やリハビリなどの退院後の療養

さらに退院後には、介護やリハビリなどの療養が必要になる場合があり様々な費用がかかります。
gandata

女性は、20代から発症するケースも

nyugan
jyosei01
jyosei02

どうですか?特に女性は男性に比べ入院する率が高く、また、若くして「がん」に罹りやすいと言えます。統計的にも約2人に1人の確率と言えるため、女性の場合は、なるべく早い時期の加入をお勧めします。