結婚が決まったらまず考えるのが結婚式・ハネムーン・新居が思い浮かぶかと思います。そして新婚生活が始まって生活も落ち着いた頃、家計とにらめっこして考えるのが旦那さんの生命保険です。でもまだ、若いから死んでしまうなんて考えられない人も多いかと思います。

しかし、実際に旦那さんが亡くなってしまったら、一体残された家族はどうなってしまうんだろう?と真剣に考えてみる事は非常に大切ではないでしょうか。

人はマイナス面を考えたくないものです。“ 泣きっ面に蜂 ”と昔から言いますが、全く想定もしていない不幸にどう対処したら良いのか?しかし、残念ながらそんな状況に置かれた方はますます悪い流れをつかみ取ってしまうという話をよく聞きます。

以下のマンガでケーススタディを考えてみました。

どうですか?結婚する=奥さんの人生を背負う・・・あまりイメージしたくないですが、それが現実かもしれません。この経験は恐らく経験した奥さんでしか分からないかもしれません。

そこで、『生命保険』の大切な意義は、残された家族(奥さんや子ども)の人生や生活を少なくとも経済的なリスクから防衛できることなのです。精神的、肉体的なショックまでは保険で軽減できないかもしれませんが、人生はずっと続きます。せめて金銭的な損失だけでも補てんできれば、お子さんの将来の夢に向かうこともできます。『生命保険』を考える際には、より自分の家庭を振り返りながら、時間をかけて選択することが大切です。

※ 上記は概要を説明したものです。詳しくはジャパン安心保険企画までお問い合わせください。