ここ最近は、毎日地震のニュースを目にしますよね。

東日本大震災から10年以上が経ち、今日まで大きな地震が何度もありました。この東海地方でもいつ来るか、不安に思われている方も多いのではないかと思います。

今回は企業様向けの地震保険についてお話ししようと思います。

まず、地震保険とは?

地震保険は単独で加入することはできず、あくまで火災保険とセットで加入することが条件となります。

そして他の保険と大きく異なるのは「政府と保険会社が共同で運営している保険」であるということ。それに加え「被災者の生活の再建」を目的としているため、生活に必要不可欠であり、住居として使用している「建物」と「家財」が補償対象となります。

では、企業は地震保険に加入できないのか?と思われますよね。答えは「加入できる」です。

ただし個人向けの地震保険と異なり、保険会社が独自で設定しているものになります。

地震保険の必要性

地震保険の目的は生活の再建であり資産の回復ではありませんが、企業にとっては不動産、設備・什器は大切な資産であり、それらに損害があると業務が成り立たなくなります。

地震発生→不動産、設備・什器に損害が出る(資産の損失)→再建や修理などで休業を余儀なくされる(休業損失)・・・この損失をカバーするためと考えると、どの企業様も地震保険の必要性があるのではないかと考えます。

そして個人向けの地震保険は損害の程度に応じて保険金が支払われるのに対し、企業様向けの地震保険は実損払い=再建・修理にかかった費用がそのまま保険金として支払われるものです。

実際に弊社のお客様で東北に工場がある企業様で、地震の際にはやはり工場にも損害がありました。火災保険が自然災害や盗難など幅広く補償されるのに対し、地震(による火災・倒壊・津波など)は地震保険でしか補償されません。

 

企業向けの地震保険は保険料が高いから・・・と悩まれる企業様も多いかと思います。しかしながら、昨今の地震発生の頻度を鑑み、大きな地震に見舞われた時の損害をカバーするために地震保険は必要不可欠な保険です。

検討される際に、お力になれたら幸いです。